お風呂で水虫に!足の裏が水虫になったら抗真菌薬治療

毎日入るお風呂ですが、実はお風呂である菌に感染してしまう恐れがあります。
その菌とは「白癬菌」です。
白癬菌はカビの1種で、水虫を引き起こす菌としれ知られます。
白癬菌は皮膚の角質層に感染し、そこで皮膚に含まれるケラチンをエサとして、どんどん増殖していきます。
強い痒みや皮膚のめくれ・ジュクジュクとただれるといった症状の他に、赤みを帯びた水泡が出来るケースもあるようです。
かなり、辛い症状が続くので悩んでいるか方も少なくありません。
もし、家族に水虫の方がいる場合、お風呂は感染場所となってしまうので注意が必要です。
白癬菌はカビの仲間ですので、温度と湿度が高い場所で活発になります。
お風呂、特にバスマットは湿気っている事が多く、白癬菌にとっては格好の場所です。
水虫の方が使ったバスマットには、白癬菌を含んでいる皮膚のかけらが、たくさん付着しています。
その上を踏んでしまうと、健康な皮膚に白癬菌が付着し水虫となってしまうリスクが高いのです。
足の裏は特に白癬菌を踏みやすいという事もあり、水虫を発症するケースが多くなっています。
白癬菌は皮膚についてから、約24時間程度で皮膚の角質層に感染します。
1度、角質層にまで入り込んでしまうと、自然と回復する事はありません。
ですので、もし家族に水虫症状がある方がいる場合、バスマットの共用は避け、1日1回しっかり足の裏や指の間を洗いましょう。
もし、水虫になってしまっても、皮膚科での治療で完治できます。
皮膚科では皮膚に白癬菌が感染し、水虫となっている場合は抗真菌成分を配合した、外用薬で治療するケースがほとんどです。
抗真菌成分によって白癬菌の増殖を抑制・除菌します。
水虫は早めに治療すると、完治までの時間も短くなるので、症状を感じたらすぐに治療を始める事がおすすめです。
おすすめの抗真菌薬はニゾラールクリームです。ニゾラールクリームはケトコナゾールを主成分とする医薬品で、副作用が少なく出づらい医薬品となっているのでこれで治療するという方が多くいます。
クリームタイプの抗真菌薬は患部に対してしっかりと塗り込む必要があり中途半端な使い方ですと再発を招いてしまうこともありますが、正しく使うことが出来れば絶大な効果を発揮してくれます。
このニゾラールクリームはあんしん通販薬局などの個人輸入代行業者で購入することが可能です。筆者もあんしん通販薬局で購入したニゾラールクリームで水虫を治療しました。
興味の有る方は下記のリンクをチェックしてみてください。筆者が購入したときは病院処方よりも安く購入することが出来ました。

~あんしん通販薬局のニゾラールクリーム販売ページです~
ニゾラールクリームが欲しい方はこちらへ